このページでは、スマモバのMNPのやり方について記しています。

 

スマモバで格安SIMを使っていたけど、通信速度や料金、通信容量不足などの理由で別の格安SIMに乗り換えようと思っているあなた
どうせ乗り換えするなら、MNPだけはやっておきたいですよね

 

でも格安SIMのMNPは自分で申請してやらないとダメなのでやり方がわからないって今悩んでいませんか?
でも大丈夫です。

 

スマモバのMNPの申請の仕方を詳しく調べてまとめてみました。
ここを見れば、簡単にMNPの申請ができるので他社に乗り換えも簡単になります。

 

スマモバでMNPのやり方

スマモバのMNPの発行はどうやるの?手数料はいくら必要?

 

まずは、公式ページからMY PAGEにログインします。
そこから解約、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)の申請をします。

 

> マイページ ログイン

 

とは言っても難しい事は何も必要ありません。

 

スマモバのMNPの発行はどうやるの?手数料はいくら必要?

 

解約ページのない下部の「MNP予約番号発行」というところにチェックを入れるだけでOK

 

そうすれば後は手続きを進めていけば自動でMNPの発行が完了します。

 

MNPの発行手数料は3000円(税別)です。

 

MNPの予約番号は、最初に登録したメールアドレスに3日 〜 5日ほどで届きます。

 

スマモバカスタマーセンター 0570-022-577

 

MNP発行といっても何か特別な操作や手続きなどは一切必要ありません。

 

拍子抜けするぐらいあっさり取得できます。

 

あとは、発行してもらったMNPを使って他社と契約すれば無事電話番号の移行も完了します。

 

スマモバ MNO発行の注意点と一番やってしまう失敗例

スマモバのMNPの発行はどうやるの?手数料はいくら必要?

 

電話番号が移行できるMNPですがいくつか注意点があります。

 

  • 15日間の有効期限がある
  • 有効期限は15日だが15日間余裕があるわけではない
  • 失効すると再取得の必要がある(有料)

 

といったものです。
MNPとはいわば電話番号の一定期間の仮おさえみたいなものです。

 

なので、MNPを発行するときは次に乗り換えする他社をある程度決めておきましょう。

 

MNP移行で一番やってしまう失敗例

有効期限は15日だが15日間余裕があるわけではない

 

スマモバのMNPの発行はどうやるの?手数料はいくら必要?
※ UQモバイルMNP移行ページ参照

 

そしてMNPで一番勘違いしやすのがこれです。
MNP自体は15日間あるのですが、だからといって15日間の余裕があるわけではないんです。

 

実質余裕があるのは2、3日程度です。

 

どういう事かというと、他社に乗り換えするときの条件としてMNPの残り日数10日以上といった条件があるからです。

 

これはMNPの手続きをする時に日数がかかるのである程度の余裕が必要という理由です。

 

なのでMNP残日数3日とかで他社契約してもMNP移行ができないケースがあるというわけです。

 

MNP再発行には、もう一度手数料が必要

上記のような例を入れてMNPの期限が失効してしまった場合は再発行となります。

 

当然その場合はもう一度発行手数料3000円が必要となります。

 

スマモバ MNP発行のまとめ

スマモバのMNPの発行はどうやるの?手数料はいくら必要?

 

スマモバでもMNPの発行はそれほど難しくはありません。
解約手続きと同時にできるので簡単に発行してくれます。

 

むしろ重要なのは発行してもらった後です。

 

MNPの有効期限は15日間ですが、15日間余裕があるわけではないという事です。

 

乗り換えするときは、先に乗り換え先を決めてからMNPの発行をしてもらうようにしましょう。

 

データ容量で選ぶ格安SIM人気ランキング

 

UQモバイルの特徴
知名度No1 、サービス内容に間違いなし!
格安SIMにしたい、でもいろいろ調べたりとかは苦手、でも失敗したくないという人にピッタリです。
UQモバイルを選んでおけばまず格安SIMで失敗することはないでしょう。

あとになって『あーーっ これできない・・』という失敗が一番少ない格安SIMです。
利用者も一番多いので困ったことがあってもネットで調べたらすぐに解決方法が見つかります。
価格
最安値 2.138
評価
評価5
備考
データ容量 3G 9G 21G

BIGLOBEモバイルの特徴
ドコモ回線、AU回線の4G LTE回線と同じエリアで使えるSIMです。
もともとドコモやAUのスマホを使っていた人でも違和感なく使えるでしょう。

iPhone 4sの時代のスマホでも使えるので端末選びに困ることはないでしょう。
初期設定も特に必要なくSIMの差し込むだけなので難しいことは何一つありません。
価格
最安値 1020
評価
評価4
備考
データ容量 3G、6G、12G、20G、30G

LIBMO(リブモ)の特徴
1か月のスマホ代を究極にカットできるのがLIBMOの格安SIMです。
プランの選択幅が広いので細かい設定ができるのが一番の魅力です。

ですが同時に格安SIMの知識も必要になってくるので初心者にはちょっと難しいところがあります。
料金を徹底的に抑えたい、セカンドスマホに使いたいという人におすすめです。
価格
最安値 580
評価
評価3
備考
データ容量 3G、6G、10G、20G、30G